医療法人社団 慈恵会 新須磨病院

定位放射線治療装置

低侵襲治療
“ガンマナイフ治療”

転移性脳腫瘍などの脳病変を治療

医療法人社団 慈恵会 新須磨病院

負担が少ない低侵襲治療を検討中の方や
自分に合った治療を探されている方などお気軽にご相談ください。

無料メール相談

〈 ご相談の多い症例 〉
転移性脳腫瘍

転移性脳腫瘍

三叉神経痛

三叉神経痛

下垂体腺腫

下垂体腺腫

Gamma Knife treatment

低侵襲治療“ガンマナイフ治療”について

転移性脳腫瘍、脳血管病変に対し、開頭手術することなく、
的確に病巣を治療することができるようになる上に、治療時間も短縮された低侵襲治療です。

ガンマナイフ治療とは

ガンマナイフは
定位放射線治療装置
頭蓋内の病変を切らずに治すことができる定位放射線治療装置です。周囲の正常な組織を傷つけることなく、あたかもナイフで切り取るかのように目的の部位だけを狙って治療できることから、ガンマナイフと呼ばれています。
ガンマナイフはフレームでの頭部固定により精度の高い治療を可能とするシステムですが、国内に導入されてから30年以上の治療実績や、画像診断技術の向上などにより、現在もなお進化しています。

2021年8月導入『レクセルガンマナイフIcon』

ガンマナイフのしくみ

虫めがねで太陽の光を集めて
紙を燃やすのと同じような仕組み
放射線の一種であるガンマ線の細いビームを多方向から一点に集中させることで、治療装置本体に固定されたコバルト線源より出たガンマ線のビームはヘルメットの中心に照射されるように設定されています。
一本一本のガンマ線のビームは弱いため、病巣周囲の正常な脳組織には障害を与えませんが、病巣に集中し強力なエネルギーが発生する事で、病巣を破壊します。

ガンマナイフ治療の費用

ガンマナイフ治療は
健康保険が適応される治療
同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度「高額療養費制度」を利用することもできます。
また、事前に医療費が高額になることがわかっている場合には、「限度額適用認定証」を提示する方法もあります。
高額医療の手続きを行うことで、一定額以上のお支払いは償還されます。
保険の種類、患者様の年齢、収入などにより、同じご病気でも支払額は異なってきますので、病院窓口にておたずねください。
日数は、およそ9割の方が日帰り治療(0泊入院)で、その日のうちに帰ることができます。遠方の方や体調が不安な方は1-2泊の入院を選ばれる方もいらっしゃいます。
(厚生省告示第21号 平成8年3月8日付官報 号外第50号)

負担が少ない低侵襲治療を検討中の方や
自分に合った治療を探されている方などお気軽にご相談ください。

無料メール相談

〈 ご相談の多い症例 〉
転移性脳腫瘍

転移性脳腫瘍

三叉神経痛

三叉神経痛

下垂体腺腫

下垂体腺腫

Metastatic brain tumor

転移性脳腫瘍について

部位・年齢・体内の動きや病気の状態により、治療の開始可能時期が異なります。
緊急手術や血管内治療が必要な患者様に対し、高度医療を提供する体制を整えています。

他の臓器にできたがんが脳に転移したもの

転移性脳腫瘍とは

転移性脳腫瘍とは、他の臓器にできたがんが脳に転移したものです。全ての脳腫瘍の約20%を占めており、高齢化によるがん患者様の増加や、がんの生存率が向上することによって転移の機会が増えたことに伴って、患者様の数も増えています。転移は一つではなく複数で生じる事が多く、神経症状や脳のむくみなど、さまざまな症状を引き起こします。

転移性脳腫瘍以外の脳病変も治療

患者様一人ひとりに適した治療を

対応可能な疾患
脳動静脈奇形
脳の血管に生じる先天的な病気のひとつです。血液が流れる血管は、大きく分けて動脈、静脈、毛細血管に分けられます。①手術、②カテーテル治療、③ガンマナイフ治療の3つの治療法があります。
聴神経腫瘍
聴神経そのものが腫瘍になるので、治療をおこなっても聴力障害は改善しにくいです。
①手術、②ガンマナイフ治療、③経過観察(wait & see:定期的にMRI検査を行いながら経過をみる)、の3つの方法があります。
下垂体腺腫
良性の腫瘍で、①視力障害、②ホルモン症状が症状です。手術(多くは鼻の孔から手術できます)で安全な範囲を摘出することが望まれます。
三叉神経痛
顔の感覚を司る三叉神経に起因する痛みのことを指します。血管や腫瘍などで三叉神経が圧迫されると、三叉神経痛の発症に至る可能性があります。

また、当院では一人ひとりの患者様に対し、ガンマナイフの適応が可能かを慎重に判断し、くわしく説明させていただき、十分にご理解、ご納得をいただいた上で治療方針を定めていきます。
ご不安な事などございましたら、些細な事でも構いませんので、お気軽にご相談ください。

ガンマナイフ治療の流れ(一例)
  1. 1

    MRI検査
    当院では全ての患者さまを高精度3.0テスラMRIにて治療直前に検査いたします。造影を使ったMRI検査で、通常10-20分程度の検査時間です。

  2. 2

    フレーム付けあるいは
    プラスチックマスクの作成
    フレーム固定
    四つのピンにて金属の枠(フレーム)を頭部に固定します。局所麻酔を後頭部と前額部に計4カ所に注射します。車いすに座っていただいた状態で、深い沈静のお薬は使用を差し控え、患者様と会話をしながらフレームをつけます。およそ10分ほどで終わります。
    プラスチックマスク固定
    プラスチックを1人一人の患者様の顔にフィットするように形成して治療中にマスクをベッド台に固定することにより治療します。準備に30分ほどかかります。

  3. 3

    CT検査
    CT検査を行います。CTの画像上のフレームの目盛を基準に腫瘍の位置がコンピュータに登録され、MRI画像を合わせて治療計画を作ります。あるいは、マスクを使用する場合には治療器機に備わったCT画像をMRI画像と重ね合わせることにより座標軸を定めます。

  4. 4

    照射治療
    全ての準備が整ったらガンマナイフユニットのベッドに寝ていただきます。ベッドが自動的に動いて治療が始まります。装置自体の大きさは、ちょうどMRIと同じぐらいです。治療中は、熱や痛みを感じることはありません。また、音がしなくて静かですので、音楽を流しながらリラックスして治療が行われます。

  5. 5

    照射終了後
    治療後は、直ちにフレームあるいはマスクを頭部から外して終了します。病室に戻って、通常30分~1時間ほど安静にしていただき、異常が無ければ帰宅していただきます。

治療中は音楽を聴きながら、眠りながら

治療装置の外見はMRI装置と似ているので、時に誤解されますが、治療中は空調の音が聞こえるだけで静かです。またMRIほど狭い空間ではなく、手足を多少動かしても頭部の固定がしっかりしているので治療に差し支えはありません。お気に入りの音楽の入ったCDを持参して頂いて治療室に流すこともできますが、実際には、治療が始まって5-10分したら眠りに落ちていて、気がついたときには治療が終わっているというパターンが多いようです。

ガンマナイフ治療中に患者様がリクエストされた
音楽のジャンル

ガンマナイフ治療中に患者様がリクエストされた?楽のジャンル

負担が少ない低侵襲治療を検討中の方や
自分に合った治療を探されている方などお気軽にご相談ください。

無料メール相談

〈 ご相談の多い症例 〉
転移性脳腫瘍

転移性脳腫瘍

三叉神経痛

三叉神経痛

下垂体腺腫

下垂体腺腫

Overview

医療法人社団 慈恵会 新須磨病院について

半世紀にわたって地域の中核病院として良質の医療提供に努めてまいりました。
外科・内科の二つの診療科から立ち上げ、新須磨病院ガンマナイフ治療センターの設立など、
今では17診療科を有する総合病院となりました。
常に医療の質とニーズを追求し、地域に根ざしつつ、恒常的に良質の医療を提供できる病院を目指しています。

脳腫瘍に関して手術治療を積極的に行っております
地域と密着した治療を行っています
神戸市の代表的な脳神経外科施設として地域と密着した治療を行っています。疾患としては、脳卒中が最も多く、外科的手術、血管内治療、早期リハビリを積極的に行っています。治療成績は良好で、多くの学会・研究会でも報告しています。
脳腫瘍に関しての手術治療も積極的に行っており、その治療技術に関しても日々技術を磨いています。治療方法の選択は厳正に行われるとの方針で、手術をすべき人、ガンマナイフをすべき人、手術やガンマナイフをせず他の治療方法が良い人、経過観察すべき人など的確に評価しています。評価には外部人材も登用し、公正さを重視して行っています。

恒常的に医療を提供できる病院を目指しています。
今では17診療科を有する総合病院となりました。
関連施設も増え、当院を含めた5つの医療施設、医療専門学校、有料老人ホーム、介護老人保険施設、訪問看護ステーション、日本二分脊椎・水頭症研究振興財団など13施設からなる「医療」「介護」「教育」を三本柱とした慈恵会グループを形成し、シームレスな医療と介護の提供が出来るようになりました。

今では17診療科を有する総合病院となりました。

新須磨病院ガンマナイフ治療センターの治療実績
特性を最大限に引き出す治療体制を作っています。

2020年末時点までの脳神経外科 総治療件数は9,000人を超えました。年別の治療疾患数を図に示します。年々、転移性脳腫瘍の治療数が増加しています。これは、癌患者の増加や抗癌剤治療の進歩により、原発巣がよく制御され、長期間生存できる患者様が増え、結果として脳に癌転移を持つ患者様の数も増えたためと考えられます。
2011年1月にパーフェクションRを導入し、2013年7月より分割照射を可能にするエクステンドRの使用を開始しました。病院の新築移転に伴い2015年9月より、すべての患者様において、治療時MRI検査を高精度3.0テスラMRIにて撮像できるようになり、治療計画のみならず、治療後の経過観察においても画像診断で精度が高まりました。さらに、2021年8月よりガンマナイフ治療装置アイコンRに機種を入れ替え、特性を最大限に引き出す治療体制を作っています。

2020年末時点までの脳神経外科 総治療件数(人)

2020年末時点までの脳神経外科 総治療件数(人)

ガンマナイフ治療の疾患内訳(人)

ガンマナイフ治療の疾患内訳(?)

ドクター紹介

医療法人社団 慈恵会 
新須磨病院

近藤 威

近藤 威
所属学会名
  • 日本てんかん学会
  • 日本高気圧環境・潜水医学会
  • 日本脳神経外科学会
  • 日本ガンマナイフ学会
取得済みの認定医など
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 臨床修練指導医
  • 高気圧医学専門医
専門領域
  • 脳腫瘍
  • 機能的脳神経外科
メッセージ
脳腫瘍の外科治療や放射線治療(ガンマナイフ)とパーキンソン病をはじめとする神経変性疾患の外科治療などについて、いつでもご相談下さい。

負担が少ない低侵襲治療を検討中の方や
自分に合った治療を探されている方などお気軽にご相談ください。

無料メール相談

〈 ご相談の多い症例 〉
転移性脳腫瘍

転移性脳腫瘍

三叉神経痛

三叉神経痛

下垂体腺腫

下垂体腺腫

Q&A

よくあるご質問

Q
がんが脳に転移する確率は?
A

がんの種類によって、どこに転移しやすいか傾向があります。脳に転移しやすいがんは、肺がん(特に小細胞がん)、腎がん、皮膚がん(悪性黒色腫)、乳がんなどです。
ガンマナイフ治療を受けられる患者様の実数としては、一番多いのが肺がん(7-8割)で、二番目が乳がんです。
分子標的薬などの新薬により原発巣がうまく治療できる時代になりました。結果として長期生存期間中に脳に転移が発見される機会も増えています。肺がんの患者様の8人に1人が脳転移をきたし、16人に1人がガンマナイフ治療を受けられています。

Q
脳転移には、抗がん剤は効かない?
A

原発巣(多くは肺がん)と脳転移巣が、同じ性質のがん細胞であったとしても、一般的には脳転移には抗がん剤は効かないと言われてきました。理由は、脳の血管は、身体の他の部分の血管と違って、血液脳関門という「薬剤が脳の中にちゃんと入っていかない」バリアがあるからです。実際にはある程度は脳の中にも薬剤は入っていくと思われます。ですから、抗がん剤治療は、脳転移に対しては、身体の他の部分ほどには効かない(100%の薬剤の効果が発揮できない)、というのが正しいと思います。

Q
多数個の脳転移の場合、何個までガンマナイフで治療することができますか?
A
脳転移の個数だけで、ガンマナイフ治療をするか(あるいは全脳照射を当てるか)を決めることはできません。個々の病巣の容積を総和した数値が重要になってきます。
現場では、治療にかかる時間、それぞれの転移巣の大きさ、引き起こされた神経症状、使用中の抗がん剤の期待される効果、予想される今後の病勢などを考慮します。
手技上は、何個でも治療します(特に全脳照射後で他に治療手段がないとき)。がんばって治療しても延命が期待できない場合には、治療をお勧めしません。
新須磨病院における、脳転移の治療の実際の資料を図に示します。およそ1/4の患者様が2回以上のガンマナイフ治療を受けられています。

当院における転移性脳腫瘍の
ガンマナイフ治療の回数

当院における転移性脳腫瘍のガンマナイフ治療の回数

Q
脳転移治療後に同じ場所に再発が疑われた場合、どうすればよいでしょうか?
A
ガンマナイフ治療後、数ヶ月で腫瘍が再び大きくなる場合には、腫瘍の性質(放射線感受性)が放射線治療に適していないと考えられ、手術による治療が勧められます。
ガンマナイフ治療後数年たってから、MRI検査上造影領域が大きくなることがあります。放射線壊死だけの塊、あるいは放射線壊死の塊の中に再発した腫瘍が散在することがあり、MRI検査では区別が難しいことが多いです。
病状により、①再度ガンマナイフ治療、②手術による摘出、の二つを使い分けます。
お示しした図は、ガンマナイフ治療後1年以上経過が過ぎてMRI検査で「むくみ」が強くなったために、開頭術により摘出した標本です。ほとんどが放射線壊死でしたが、一部にがんの再発した細胞が含まれていました。

脳転移治療後の再発:?術した例

Q
大きな腫瘍の場合、何センチまでガンマナイフで治療できますか?
A

ガンマナイフ治療は3cmの大きさまで、という「都市伝説」がありますが、現実はそう単純ではありません。
小さければ小さいほど(3cmよりも2cm、2cmよりも1cm)、治療は安全で治癒率も高いです。1cmを超えると大きければ大きいほど、完治できない率が増えてきます。
3cmを超える大きさで他に治療法が無い場合には、段階照射や分割照射の方法を用いて治療します。
脳転移が大きくて症状を既に出している病巣は、原則転移には開頭術による摘出を行ないます。年令や全身のがんの状態を考慮して手術の適応を相談します。

負担が少ない低侵襲治療を検討中の方や
自分に合った治療を探されている方などお気軽にご相談ください。

無料メール相談

〈 ご相談の多い症例 〉
転移性脳腫瘍

転移性脳腫瘍

三叉神経痛

三叉神経痛

下垂体腺腫

下垂体腺腫

ACCESS

施設のご紹介

住所
〒654-0048 神戸市須磨区衣掛町3丁目1番14号
アクセス
  • 電車でお越しの方 JR「須磨海浜公園」から南へ450m
  • バスでお越しの方 市バス「須磨水族園」(71,72,75系統)または「若宮町」(81,85系統)下車徒歩約3分
電話番号
078-735-0001

病院HPはこちら

無料
メール相談